性病の予防とコンジローマのパートナー

性病を予防するには性交する際にコンドームを使用する事ですが、風俗などで不特定多数の人との性交渉をする事で性病や尖圭コンジローマの感染が広がる恐れがあります。たとえ性器にイボなどの症状が出ていない場合であったもコンジローマは性器周辺が感染源になっている為コンドームを使用しても予防をする事が難しいとされています。 パートナーは限定して一人とするだけで性病感染の確率が低くなります。 性病の中でもコンジローマは症状が出にくい為全く気付かない内に感染している場合があります。 こういう場合の予防の方法はコンジローマの症状が出ていない状態で一年間を性交渉なしにする。 こうする事で女性の感染者はパートナーにコンドームを使用してもらう事で性病の感染を予防する事が可能です。 男性の場合、同様にコンジローマ既往歴があった場合に症状が退出してから数か月おきに細胞診検査を2回以上行って陰性の結果が出ればコンドームを使用しての性交渉をしても感染の危険性はほぼ無いと言われています。 ここまですればある程度は予防出来る事になっていますが、確実とは言えません。 コンジローマは一度感染してしまうと中々完治が難しい性病とされていますから、感染予防がいかに大事と言う事が問題になってきます。 症状で気になる部分があれば直ぐに受診して調べてもらう事を徹底していれば性病やコンジローマになる心配はありません。 特に特定のパートナーとだけの性交渉でしたら安心です。一番安全なのはパートナー同士が1年以上性交渉を行わずにいる事とされています。 この条件が高すぎると思える場合は症状の出ていない状態どおしのパートナーとの性交渉時には必ずコンドームを使用する事です。